目次道路県道とその他一般道京都府道19号 園部平屋線

京都府道19号 園部平屋線

府道25号分岐・京都府亀岡市保津町 終点 @レポート:園部河原町→上平屋
国道477号線が国道9号線に合流する「園部河原町」交差点から府道19号線は始まっている。 r19はここを直進する、左右の道がR9、手前がR477。 [地図]

r19ヘキサ 「府道19号 園部平屋線」府道標識。

市道交差 市道と交差する、右に行けばJR山陰本線「園部駅」へ。

京都丹波道路 京都丹波道路をくぐる。

京都丹波道と道の駅 「陣田川橋」で陣田川を渡る。この先の交差点を左に行けば京都丹波道路「園部IC」に、右に曲がれば「道の駅 京都新光悦村」へ

直線 真っ直ぐな道。

府道25号分岐・京都府南丹市園部町船岡 「船岡」交差点で「京都府道25号 亀岡園部線」が分岐する。r19はここを直進する、r25は右折。 [地図]

上りカーブ カーブを伴った上りになる。

船岡トンネル 上ったところで「船岡トンネル」が現れる。

下り ゆっくりと下っていく。

異常気象時通行規制区間標識 下ってきたところで、異常気象時通行規制区間の標識が。

桂川沿い しばらく桂川沿いに谷間を走る。山陰本線の橋梁が見える。

追禁 ここから追い越し禁止。

右折 府道はここを右折して桂川左岸に移る、直進すると日吉の市街地へ。 特段府道をトレースするのでもなければ行きつく先は同じなので直進しても構わない。 [地図]

門 「日吉大橋」で桂川を渡る、「地域に開かれた日吉ダム」の門が迎えてくれる。

府道50号線合流 「殿田」交差点で「京都府道50号 京都日吉美山線」が合流する。 r19はここを直進しわずかにr50と重複する、r50は左折と直進。 [地図]

府道50号線分岐 すぐに「京都府道50号 京都日吉美山線」が分岐する。 r19はここを直進する、右折するとr50で日吉ダムへ向かう。 [地図]

府道364号線分岐 「小道津大橋」で桂川を渡ったところの「小道津」(ことづ)交差点で「京都府道364号 中地日吉線」が分岐する。 r19はここを直進する、r364は右折。 [地図]

木住川に沿って谷筋を走る。

 

木住トンネル木住トンネル」で 一つ山向こうの田原川の谷筋へ出る。トンネルができる前の旧道は、日吉市街地を通っていたものと思われる。

舗装道路 田原川沿いを走る。

走りやすい道 総じて走りやすい道だ。

殿集落 殿の集落を行く。

急カーブ注意 急カーブ注意。

中組集落 中組の集落に入る。

枝毛 枝毛予告の看板。

山間部の二車線 山間部にこのような走りやすい二車線が続く。

東ヶ谷集落 東ヶ谷の集落。

佐々江トンネル佐々江トンネル」で山をくぐっているが、 旧道は川沿いにぐるっと回り込んでいた。

左カーブ ゆっくり左カーブ。

府道78号線分岐 日吉町佐々江で「京都府道78号 佐々江下中線」が分岐する。 r19はここを左折する、r78は直進。 [地図]

山っ! 曲がるとすぐに"山っ!"って感じになる。

杉林 杉林。

神楽坂トンネル」で山をくぐっている、 旧道は先ほど分かれたr78を少し進んだ後、細い一車線でぐるっと山を回り込んで原峠を越えている。 (神楽坂という峠道はすぐ直上にある、旧道といえば旧道である)

原集落 トンネル出るとすぐに原の集落がある。

原川沿い 原川沿いに走る。

板橋集落 板橋の集落を行く。

山際 集落や河川から少し離れ山の際を走る。

二車線 気持ちの良い二車線道路だ。

r368旧分岐 「宮脇橋」で原川を渡る、この先で分岐するr368はかつでは渡ったすぐのところで分かれていた。

府道368号線分岐 現在の「京都府道368号 和泉宮脇線」との分岐点。 [地図]

上り 少し上りとなる。

急カーブ 少し急なカーブ、速度の出し過ぎに注意。

又林集落 道中唯一の中央線がない又林の集落内。

由良川沿い 川沿いに走っているが、川は見えない。

直線上り 気持ちの良い真っ直ぐな上り。

国道162号線合流・京都府南丹市美山町上平屋 美山町上平屋で国道162号線にぶつかってr19は終わりを告げる。 左右の道がR162。 [地図]