目次道路旧道・廃道山野部坂旧道

山野部坂旧道

旧道分岐 山野部坂旧道とは、2014年3月22日に開通した「山野部坂トンネル」の旧道だ。 トンネル手前にその旧道分岐はある。 [地図]

チェーンゲート のっけからチェーンゲートがあり既に車での進入はできない。

クネクネ注意 よく見ると左端に「九十九折注意」のクネクネ標識が立っている。

第一ヘアピン 一つ目のヘアピンカーブ、ヘアピンてほどでもないけど結構きつい。

第二ヘアピン 二つ目のヘアピン、先ほどのよりは半径も勾配もキツめ。

櫂の坂公園 ヘアピンの中に「櫂の坂公園」という公園があったようだ。この旧道の坂を「櫂の坂」といったかどうかは定かではない。

枝が張り出す 気持ちよく植生が張り出してきている。

緩く左カーブ 左にゆるくカーブする。

カラーコーン 谷側に地盤が落ちているのだろうか、ひび割れができており注意喚起のためかカラーコーンが置いてあった。

何かの施設への道 2つ目のチェーンゲート、左には何か施設への分岐があり、この道は廃道ながらも今後も細々と需要はあるのだろう。

倒木もそのまま 車通りがないとすぐコレである。

通称名「段の堂(坂)」 通称名「段の堂(坂)」と書かれた八千代区:坂本地区管理による看板が掲げられていた。 “堂”というからには近くにお堂があるのだろうか、そして括弧書きで「坂」である、通称「坂」……

鞍部到着 (坂)の鞍部に到着、走ってみるかぎり2車線確保されているしトンネルを掘るほどのものでもないように思えるが……それを外部の人間が言ってはならないね。 ここはかつての「八千代町」と「加美町」の町境になる、今は合併して同じ「多可町」だ。

下りへ 9%勾配の下り坂になる。

下りにもチェーンゲート 3つ目のチェーンゲート。

立派な石段 チェーンゲート脇に山へ登る立派な石段があった。

通称名「老人会山」 加美区:山野部地区いわく通称名「老人会山」だそうだ、老人会山……

焚火跡 老人会によるものだろうか、路上には焚火の跡があった。

段の堂? そして石段の先には石造りのお堂があった、これが「段の堂」なのだろうか?

落葉舗装 スッカリ落葉舗装に、車が上がってきている気配は全くない。

きついカーブは無し 山野部側のカーブはヘアピンというほどきついものはない。

落石 隕石である。

舗装のひび割れに植物生える ひび割れから植物ニョキニョキ、植物強い。

山野部側のチェーンゲート 4つ目のチェーンゲート。

獣除け柵も加えて 坂本側と同様にチェーンゲートとパイプの車止めに加え獣除け柵もあったのだが、 チェーンぐるぐる巻きで開けられないようになっていた。

現道復帰 現道に合流する、2014年に竣工した出来立ての廃道は今後熟成を待つだけになる。 [地図]